巣を作る場所は幅広い【スズメバチの巣駆除は迅速に遂行】

死亡事故も起こす!獰猛なスズメバチは早めに対処すべし 死亡事故も起こす!獰猛なスズメバチは早めに対処すべし

世界一とも言われる凶暴性と毒性を持ったスズメバチ

蜂

日本には、数多くの種類のハチが生息しています。その中でも、群を抜いて恐ろしい種類のハチがスズメバチ。高い凶暴性と、人を死に至らしめる危険な毒を持っているので、近くで見かけたらスズメバチの巣駆除などの早めの対策が必要です。

事故件数の多いスズメバチ被害

凶暴性ならスズメバチが高く、巣に近寄っただけで攻撃を加えてきます。お尻の針から出る毒も強力で、高い致死性を有しています。そのため、スズメバチに刺されて死亡する人は、年間平均で34名ほどいるのです。ちなみに、越冬出来るのは女王蜂だけで、繁殖のピークを過ぎると、雄蜂と一緒にどこかへ飛び去ってしまうので、徐々に巣から活気が消えていきます。

スズメバチの習性

スズメバチは、主に春から秋にかけて活動をします。冬眠から覚めた女王蜂は、花の蜜などで十分な栄養を補給してから巣を作り始め、たくさんの卵を産みます。生んだ卵は、6月頃に羽化し始め、8から9月頃になれば働き蜂の数が増加します。個体が増えるにつれて、すべての個体が収容出来るよう巣が巨大化させていくのです。秋の初頭には、繁殖期を迎えるため、凶暴性が増します。この頃に、巣へ近づくと一斉に襲ってくるので、スズメバチとスズメバチの巣駆除も困難を極めてしまいます。

人を死におとしめるアナフィラキシーショックの怖さ

よく聞くアナフィラキシーショックってどういうものなんですか?
アナフィラキシーショックは、蜂の毒によって引き起こされる過剰な免疫反応です。嘔吐や呼吸困難、めまいと言ったアレルギー症状を短い時間の間に発症させ、最悪の場合死に至ってしまいます。蜂に刺されて死亡した事故のほとんどが、これらのショック症状によるものです。もし、蜂に刺されてしまったら、30分後あたりで、嘔吐や呼吸困難の症状が出てきます。症状が現れる時間が早ければ早いほど、死に至る危険も高まるので、早急に救急車を呼んで適切な治療を受けましょう。

何かあってからでは遅い

死に至る危険な毒を持つスズメバチは、自然の中だけでなく、人間の生活圏内にも巣を作り生活をします。住んでいる場所で姿を見かけるようなら、早い段階でスズメバチの巣駆除に対応した業者に相談した方がいいでしょう。

スズメバチは人の生活圏内にも姿を表す

スズメバチが巣を作る場所としては、自然の中が基本です。しかし、時に人間の居住エリアでも巣を作ろうとします。

近年は都市部の中に巣を作ることも

本来、スズメバチは山間部や森林の中で営巣をしますが、都市や住宅開発により、街や民家でも営巣をします。街や住宅街の中だと、一般的に建物の軒下に巣が出来ているのを見かけますが、種類によっては営巣の場所が異なります。建物が立ち並んでいるところでも、山間部や森林地帯同様、スズメバチにとって幼虫の育成や繁殖が行ないやすい環境が整っているのです。

家にスズメバチの巣を作られた人の声

いつの間にか屋根裏に…(30代/男性)

知らないうちに、スズメバチが屋根裏に巣を作っていたので驚きました。最初は、粘着シートを巣の近くに置きましたが、まだまだたくさん潜んでいそうでキリがないなと思い、スズメバチの巣駆除業者に対応してもらいました。根本的に巣を失くすには、最初から業者に頼った方が良いですね。

スズメバチの巣だと知ってビックリ(30代/女性)

自宅の植木に、変わった形をした蜂の巣が出来ていたので、すぐ駆除業者を呼んで駆除してもらいました。業者の人から、初期段階のスズメバチの巣と言われ、驚きましたが、早めに駆除して良かったと思いホッとしています。

巣を見つけ次第すぐ駆除を

スズメバチは、住宅の敷地内にも巣を作り出します。巣の巨大化、個体数の増加に比例して危険性が増すので、見つけ次第すぐスズメバチの巣駆除をしましょう。巣が初期段階の状態なら、個体数も少なくて危険性も低めなので、手間なく駆除出来ます。

TOPボタン