もしもの時はスズメバチの巣駆除業者を頼ろう【点検と営巣阻止対策の重要性】

死亡事故も起こす!獰猛なスズメバチは早めに対処すべし 死亡事故も起こす!獰猛なスズメバチは早めに対処すべし

スズメバチに巣を作らせないための対策法

蜂の巣

スズメバチが巣を作る場所は、樹木や土の中に限らず、住宅の死角部分など幅広いです。営巣を防ぐ対策はどのように行なえばいいのかをこちらで確認して、自力で出来そうな対策はすぐに行なえば、巣作りを未然に防ぎやすいです。

侵入されそうな場所に対策を

スズメバチが巣を作りそうな箇所を見つけ次第、侵入を防ぐ対策を施すのが得策です。屋根裏や通気口など、スズメバチが好みそうな場所への経路は網を貼り付けるのが効果的。侵入予防のために目の細かい網を用意した方が良いです。

ベランダや庭などはこまめな「点検」を

点検は、春先の5月から6月あたりに重点的に行ないましょう。巣を作る場所に通じそうな経路や節穴を発見し、補修すれば未然に営巣を防止出来ます。また、庭木剪定や家の周りに粗大ゴミなどの不要物の処分も大切です。身を隠すのに有効な場所を減らせば、営巣される可能性を低く出来ます。点検後は、着実に巣を作らせないために捕獲用トラップを設置するのも有効です。運が良ければ、巣を作る女王蜂を捕獲できるかもしれません。

家の敷地内にスズメバチの巣を見かけたら

すぐにご連絡ください(30代/ハチの巣駆除業者)

敷地内にスズメバチの巣が見つかったら、その土地の所有者が駆除する義務が生じます。個人で駆除する方法もありますが、殺虫剤を上手く蜂に命中させられる自信がない場合は、スズメバチの巣駆除専門業者に相談すべきです。多少費用は掛かりますが、蜂の習性や行動パターンを知り尽くしている私たちプロなら安全に巣を駆除します。

予防しておくに越したことはない

蜂の巣を一度作られたら、後々厄介なことが起こります。種類ごとの巣を作る場所を把握し、出来る対策は積極的に行なった方が良いでしょう。もし、初期段階の巣を見つけたら、小さいからと油断せず業者へ頼るのが無難です。

TOPボタン